【LINE出会い】他の出会い系サイトやマッチングツールが介在しているのは本当か

更新日:

LINEとはかつて多くの若者が利用していたSNSコミュニケーションツール

LINEとは隣国の韓国で開発されたSNSサービスとして2011年6月に日本へ入ってきたコミュニケーションツールです。

LINE出会いはSNSコミュニケーションツールの限界をどのように克服したのか

データ通信さえスムーズに行える環境ならば、アプリをインストールして互いにIDを設定しあうことで比較的スムーズに無料通信が行えるサービスとして若年層へ定着しました。

2016年頃からは10代と20代のLINE離れが加速する傾向にあり、近年は個人向けコミュニケーションツールという側面から中高年向けのコミュニケーションツールへと切り替わりつつあります。

LINEが若者離れを引き起こした原因として挙げられるのは、LINE経由で知り合った男女間による恐喝事件や詐欺事件が多発しただけでなく、犯罪に巻き込まれるリスクが高いとしてメインの連絡ツールとして避けられるようになったからです。

近年は複数のSNSツールが登場しており、親しい友人間の連絡ツールとしてはダイレクトメール機能がある秘匿性が高いSNSツールが中心です。

LINEによる出会いはID交換掲示板を経由したものが多かった

LINEを使った出会いは、LINEそのものに直接的な出会いのツールが含まれていなかったことから、互いのID交換をしなければ連絡先として追加できないという問題点がありました。

青少年保護育成条例違反となる使い方が多発したことにより、未成年者についてはID検索そのものができないように仕様が変わっています。

年々規制が加わることにより、年齢確認が済まないと出会いのツールとして必要となるID検索機能が開放されなくなったことにより、10代の利用者が減少することに繋がったわけです。

実際にLINEのID交換掲示板へLINE IDを書き込みすることで、ID検索機能により見ず知らずの男女が繋がることができるという仕組みは、LINEが公式に掲示板を用意していないために管理者が実質的に不在でした。

また、LINEオープンチャット機能が2018年に公開された直後から、LINEを使った児童買春や援助交際目的の書き込みが殺到して批判にLINEアカウント利用停止措置が行われるに至ります。

LINE経由での出会いは中高年向けに切り替わりつつある理由は利用者の傾向

LINE経由での出会いを期待する中高年にとっては、出会い系サイトや他のマッチングアプリ経由で知り合った相手とのコミュニケーションツールとしてLINEを使う傾向にあります。

マッチングアプリは、新着通知機能をオンにしておくと勤務先や友人に出会い系サイトやマッチングアプリを使っているとバレてしまいがちです。

そこで、ある程度コミュニケーションが進んで仲良くなった相手とLINEへメッセージ交換先を移動して、気軽な連絡を行えるように積極的な利用が行われています。

複数のSNSコミュニケーションツールを使い分けることを苦手とする中高年世代にとって、LINEならば使い方が誰でも分かるからという理由で使うようになったものです。

このため、若い女性との出会いツールとしてLINEによる連絡以外を提案されてしまうと、中高年男性は固まってしまうことが少なくありません。

LINEは出会いのツールから待ち合わせの連絡手段へと切り替わりつつある

LINEを使って直接見ず知らずの相手と出会うといった方法は、オープンチャット機能の失敗により頓挫した状態であって、そもそも出会い系サイト規制法の基準を満たさないLINEには手に余るものでした。

そこで、誰もが知っているコミュニケーションツールとして、電話番号の交換はしたく無いけれどもLINE IDならば伝えても構わないという使われ方が行われています。

いざという時にはブロックしてしまえば良いので、基本的な使い方としても気軽に連絡ツールとして使えることになります。

実際には出会い系サイトやマッチングアプリを経由して、好みの異性と出会い関係を深めるために互いにプライバシーを守りつつコストを掛けない手段としてLINEが使われているわけです。

LINEの設定項目には、セキュリティーに関する部分が増えており、トーク内容がマーケティングに使われるといった部分に同意せず使うといった工夫をしなければなりません。

それでも誰もが知っていてスマートフォン利用者ならば1度はインストールしたことがあるSNSコミュニケーションツールだからこそ、LINEは手軽な連絡手段として出会いの場でも使われるようになりました。

LINEで出会える方法はリスクを理解した上で使える中高年向けになったまとめ

LINEで出会いを求める方法は、かつてLINE ID交換掲示板が主流でしたが、LINEとは無関係の掲示板だったために犯罪が多発しました。

LINEは出会い系サイト規制法に定められた本人確認基準を満たしておらず、届け出も行われていないことから、出会い系サイトと同じ使い方はできません。

出会い系サイトやマッチングアプリといった正規の出会い系アプリを使って仲良くなった異性との連絡手段として使われるようになったわけです。

LINEそのものに出会いの手段が提供されているわけでは無いものの、年齢を問わずに誰もがスマートフォン利用者ならば1度は目にしたことがあるSNSコミュニケーションツールだからこそ、電話番号交換の代わりとしてLINEが中高年を中心として使われています。

-トピック

Copyright© デアケイ , 2020 All Rights Reserved.