フェイスブック出会いはマッチングアプリでも認証されているサービス

投稿日:

フェイスブックは、世界で最もポピュラーなSNSの一つとして知られています。

ライン、ツイッター、インスタグラムなどと共に、日本国内でも多くのユーザーが活用しています。

フェイスブック出会いは世界中に愛されるマッチアップアプリ活用法だった!

比較されることの多いフェイスブックとツイッターは、同じSNSでありながら、違った個性を持っています。

両者とも、コメント、画像、動画などの投稿が可能です。

投稿を拡散する行為はツイッターではリツイート、フェイスブックではシェアと呼ばれていますが、機能としては同じです。

異なる点としては、ツイッターには投稿で字数制限がありますが、フェイスブックはかなりの長い文章でも投稿が可能です。

また、ツイッターはハンドルネームで登録しているアカウントが多いですが、フェイスブックは実名登録が中心です。

フェイスブックは出会いのきっかけにもなるツール

SNSは、個人間のつながりが強いツールとして活用されています。

その中でも、フェイスブックは多くのアカウントが実名登録しているため、個人同士のつながりがさらに強い傾向があります。

フェイスブックを出会いの場や人脈を広げる場として、効果的に利用することもできます。

但し、ツイッターが比較的気楽に相手をフォローできるのに対し、フェイスブックでの友達関係はより濃いつながりと認識されるため、安易に知らない人に友達申請をすると怪しく思われることもあります。

逆に言えば、怪しいアカウントから友達申請されるケースもあるため、申請を許可する場合は、しっかり相手のプロフィールを確かめることが大切です。

怪しげなアカウントの典型としては、全く投稿がされていない場合や、プロフィール画像がかなり違和感のあるものになっている場合があります。

これはスパム目的の可能性が高く、友達承認後に勧誘のメッセージを送りつけてくるようなアカウントも多いです。

また、出会い目的のみでやみくもに友達申請をする人もいるため、注意が必要です。

もちろん健全な使い方をしている上では、有効な出会いのツールになります。

未知の相手に友達リクエストする場合は、しっかり手順を踏むことが大切です。

旧来から知っている間柄であれば、急に友達リクエストをしても特に問題はないでしょう。

フェイスブックで出会いを意識する人が注意したい点

知らない相手から友達リクエストが来た場合に、それをどう感じるかは個人によっても異なります。

但し、ツイッターのフォロワーと比べても、フェイスブックの友達関係は強い結びつきになります。

もともと実名登録が中心のフェイスブックであるだけに、必然的に関係の強さがあります。

フェイスブックには、友達リクエスト以外に、フォローができるシステムもあります。

友達リクエストの場合は、相手に承認されれば双方性の強い関係になりますが、フォローの場合はこちらから一方的に気軽な形でフォローできるメリットがあります。

知らない相手であれば、まずフォローをすることでクッションを作り、その後に友達申請をすると受け入れてもらいやすくなります。
フォローであれば特に挨拶の必要はありませんが、いきなり友達リクエストを送る場合は、ダイレクトメッセージを使って挨拶をしておくといいでしょう。

メッセージがあれば相手にとっても安心感があるため、友達承認をしやすくなります。

フェイスブックでの出会いは、実際に顔を合わせて行うわけではないため、相手にとってもリスクがあります。

相手に不安を抱かせないようにすることがマナーです。

フェイスブックで友達リクエストが承認されやすい方法

元から知っている相手とフェイスブックでつながりたい場合は、友達リクエスト先に迷うことはないでしょう。

その人がフェイスブックをしているかどうかは検索機能で見つかるため、もしアカウントがあれば友達申請できます。

こちらが一方的に相手のことを知っていて、どうしても出会いのきっかけがほしい場合もあるでしょう。

友達申請をする際の挨拶は当然ですが、自分のアカウントページにも個人情報をしっかり書いて、相手に安心感を持ってもらうことが大切です。

もちろん相手は出会いのためにフェイスブックを活用しているとは限らず、ましてや恋人づくりのためにフェイスブックを利用しているわけでもありません。

そのことを十分にわきまえた上で、相手の不快感につながるような行為をしないことが大切です。

また、特に友達申請する相手が見つからない場合もあるでしょう。

そんな時は、フェイスブックで自分とつながっている相手の友達にリクエストをすることも一つの方法です。

相手も、すでに友達になっている人の友達というつながりがあるため、何もないよりは安心感があります。

フェイスブックの出会い実現はマナーを守ることが重要

どのSNSでも、迷惑行為をするような人は一定数存在します。

フェイスブックで友達申請する場合も、また逆に友達申請される場合も、マナーやリスクをしっかり知って対応することが大切です。
これができれば、フェイスブックはつながりの濃さから言っても、有効な出会いのきっかけになる場合があります。

例えば、過去の知り合いで今はもう付き合いのない人でも、フェイスブックでアカウントを持っていれば友達申請をすることでつながりが復活するケースもあります。

友達を介して、知らない相手と出会うチャンスを作ることもできます。

小さな糸から、太い絆を作り上げていくことも可能です。

親しくなれば、ダイレクトメッセージ機能などを使って個人的なやり取りも可能で、とても便利な活用ができます。

フェイスブックの機能や特徴をよく理解した上で利用することが大切です。

-トピック

Copyright© デアケイ , 2020 All Rights Reserved.