出会いの場4選!どこで会えば出会いがあるのか?場所の特徴や注意点まとめ

投稿日:

出会いの場とは

出会いの場とは、異性と出会うことができるイベントやスポットのことです。

出会いの場4選!どこで会えば出会いがあるのか?場所の特徴や注意点まとめ

例えば、今回紹介するものとして、街コン、寺社コン、相席居酒屋、そしてナンパスポットが挙げられます。

もちろん、広い意味では、学校や職場なども含まれますが、出会いを主なものとして挙げるとすれば、今紹介した4つのイベントやスポットや出会いの場と言えるのではないでしょうか(婚活パーティーなどもありますが、恋人探しや遊び目的の異性には決して会えないので今回は触れません。

開放的な雰囲気が良い出会いにつながる街コン

気軽な出会いの場として街コンが挙げられます。

これは開催するエリア周辺の男女が集まって、比較的規模の大きな合コンを行うイベントです。

イベント会社や飲食店が主催して行うこともありますが、時に行政やその関係の団体が行うこともあります。

メリットとしては、多くの異性に会えること、開放的な雰囲気が挙げられます。

規模が比較的大きいので多くの異性に会えますから、気の合いそうな異性にも会えるチャンスは高いといえます。

また、街コンのイベントは開放的な雰囲気で行われるので声をかけやすく、ノリがよくなっているということもメリットです。

一方デメリットは、参加者が多すぎてライバルも多い、広く浅くの付き合いになるというものです。

規模が比較的大きく参加者も多いのでライバルも少なくありません。

そのため気になる異性がいても、その後ろには何人もライバルがいます。

街コンの参加者が多いということは、多くの人に接することになってしまい、恋人や遊び目的の異性と言った関係になるには、やや浅い関係で終わりがちということも少なくありません。

メリットやデメリットから分かる通り、出会いの場としては有効ですが、参加者の多さが良くも悪くも働いてしまう出会いの場が街コンです。

神聖な場所で結婚へ導くお寺や神社コンによる出会いの場

街コンが比較的規模の大きなものであるのに対し、寺社コンはお寺や神社で行われる出会いの場です。

宗教施設と出会いというのは、なかなか結び付きにくいですが、今地域の活性化を目的として盛んに行われるようになってきているイベントです。

この寺社コンのメリットは、コーディネーターがいること、リラックスした雰囲気で出会えることです。

コーディネーターとして、神官さんやお坊さんが担当します。

宗教家の方々ではありますが、とても円滑に進行し、気づいたら相手の異性ができていた、そんな上手な方も少なくありません。

また、神社やお寺は行ってみると、意外にリラックスできます。

こういった雰囲気で会話を楽しめば、とても良い出会いが期待できる可能性も高いのではないでしょうか。

ただ、デメリットとして、地味な異性が集まりやすい、結婚前提の出会いの場となっていることが少なくないというものが挙げられます。

お寺や神社というと、どうしても地味な印象が否めません。

そのため、寺社コンに集まってくる方もよく言えば落ち着き、悪く言えば地味な方が多い傾向です。

そのため、明るくて、ちょっと派手めな異性を求めている方には不満かもしれません。

また、寺社コンは、街コンと異なり、結婚仲介によって地域を活性化しようという趣旨のものも多いため、遊び目的ではなく結婚ありきで話が進んでしまうイベントもあります。

こういった寺社コンに参加してしまうと、いつの間にか結婚希望の相手と出会ってしまうのです。

素人出会いのセッティングが可能な相席居酒屋

お酒を飲みに行くような感覚で利用できるのが相席居酒屋です。

お店の店員さんが来店した男性グループや女性グループをくっつけて合コンをセッティングする出会いの場になります。

メリットは、気軽に利用できること、アルコールが入るので話が弾みやすいことです。

相席居酒屋は居酒屋あるいはバーなどのアルコールを出すお店の形態をしています。

そのため、バーや居酒屋のような感覚で気軽に利用できるのがメリットです。

気軽に来店して出会いの場が出来上がる、これは大きなメリットです。

アルコールが入るので話も弾みます。

普段は口下手な方でも饒舌になるのでどんどん会話ができ、異性ともスムーズに接することができるのもメリットです。

デメリットとしては、遊び目的の方が多いこと、2人以上の利用が前提ということが挙げられます。

身元証明など面倒なことは一切行われないため、時に結婚している人が参加することもあります。

そのため、あくまで遊び目的の出会いの場という割り切りが必要です。

また、1人では利用できません。

合コンという形で利用することや女性1人は、トラブルになりやすいので、あくまで2人以上の利用となっているお店が少なくありません。

気軽に利用できる反面、本格的なお付き合いを前提とした出会いの場としてはやや弱い印象があります。

ナンパスポットはアクセスや利便性の良いところがベスト

ある意味究極の出会いの場がナンパスポットです。

規模がある程度の街には必ずこういったナンパスポットがあります。

駅前や繁華街のオブジェ周辺、あるいは公園です。

これらは文字通り出会いの場となっており、出会いが期待できる場所と言えます。

メリットは、気軽にできること、アクセスが良い場所が多いことです。

ナンパスポットは、そのまま行ってナンパをするだけなので、気軽にできます。

事前に申し込みをしたり、予約をしたりと言った手間がありません。

その気になれば今からでも行ける出会いの場です。

また、アクセスも良い場所が多いのもメリットです。

ナンパスポットは基本的に人通りが多く、駅から近い、車で行きやすいといった便利な場所にあります。

このようにアクセスが良いため、出会いの場所としては行きやすいと言えます。

一方、デメリットは成功しにくい、疲れるといった点です。

ナンパはどんなイケメンでも一発で成功することはありません。

そのため忍耐強く出会いを求める必要があります。

時に一日中ナンパスポットで声掛けをする羽目になる可能性も脾摘できません。

また、ナンパスポットを移動しながら声をかけるので疲れるというのもデメリットです。

休憩場所を確保して出会いを求めるのをお勧めします。

出会いの場はイベントスポットを見極めることが大事

出会いの場はイベントやスポットなどに分けられます。

いずれもメリットやデメリットがあり、その良い点悪い点を見極めて自分の目的、例えば異性と遊び友達の出会いが良いのか、恋人や婚活目的なのかと言ったものに合う出会いの場を利用するのが理想です。

今回紹介した出会いの場は、万人にベストな場所はありませんし、万人にとって最悪の場所というものもありません。

それぞれの事情によって素晴らしい出会いの場にもなりますし、そうでない場合もあるのです。

この個々の目的や求める異性のタイプによって今回紹介した、街コン、寺社コン、相席居酒屋、そしてナンパスポットを利用すれば、きっと納得のいく出会いが期待できるのではないでしょうか。

まずは出会いの場に参加して行動してみましょう。

-トピック

Copyright© デアケイ , 2021 All Rights Reserved.